FC2ブログ











プライベートヘリ導入へ 

ROS-SPEEDさんとこで紹介されていたハニービー

MIA参画チームでも潤沢な資金を持ち、実車のBMWチームと同様
今シーズン後半のお馬鹿度の追い上げがものすごいBMWチームが早速購入、
試験飛行の結果次回のMINI-Z CAPより、サーキットへの移動手段として導入するようです。





チーム代表のマリオ・アオセンは「次は海を制する」とのこと。
もしかして、アレいくの?
スポンサーサイト
[ 2006/10/30 17:30 ] MIA通信 | TB(0) | CM(2)

その手があったのか 

たまには個人的なネタを。

私は現在SOFTBANKの携帯を持ってるんですが、MNP開始とともに移籍を検討中です。

もっとも、他キャリアにも魅力的な端末がないもんですから躊躇してたんですが、
最近になって発表された「予想外割」の数々にあらためてSOFTBANKという企業の
汚さを感じる次第。

[ 2006/10/30 08:00 ] Web Master's Text | TB(0) | CM(2)

レース走行距離から見た2006年シーズン 

Nifty F1 Newsに面白データが出てますね。

トロロッソはV10特例エンジンでしたので、この表から除外するとして、
実はマクラーレンの走行距離は実はミッドランドよりも少ないんですね。
ちょっと驚きです。

[ 2006/10/27 17:30 ] FORMULA 1 | TB(0) | CM(0)

どっちかというと 

アロンソ、「アイルトン・セナに並びたい」
史上最年少で2度のF1チャンピオンに輝いたフェルナンド・アロンソ(25歳:スペイン)は、「もう一度はタイトルを獲ってセナに並びたい」と、語っている。
「来年はマクラーレン・チームに移籍するけれど、ここで1度はまたチャンピオンを獲りたいね。
マクラーレンなら不可能なことじゃないよ。
そうすれば通算3度のF1チャンピオン。
これはあのアイルトン・セナと同じものになるからね、それが僕のキャリアでの勲章さ。
そしてセナは生涯を通じて決してフェラーリには乗らなかっただろう。
だけどマクラーレンには乗るというのは、これも僕と同じことなんだよ」


まあ「フェラーリから声がかからなかった」と乗らなかったでは随分違いますが、
どっちかというとセナというよりはシューマッハに被るんですよね~。 > アロンソ



[ 2006/10/26 08:00 ] FORMULA 1 | TB(0) | CM(0)

MINI-Z CAP 検討会議 

10/24で「MINI-Z CAP」F-1クラスは定員となりましたが、
オフラインで「F-1クラスに出たい人がいる」という連絡をちらほら貰います。
それに加えて日頃のMIAの行いの悪さが災いして、GTクラスが1桁台と伸び悩み気味、、。
おそらく引っ張ってもGTクラスだけのエントリーはないだろうなぁと思ってます。

そこで考えたのが以下のパターン。

1.F-1クラス枠を30まで拡大し、GTクラスも引き続き募集
2.F-1クラス枠を40まで拡大し、GTクラスの開催を取り止めF-1のレースを2回行う

GTのレースをやりたいとエントリーしていただいた方も見えますので、
2の案にするのは悩ましいところですが、9名だけのレースというのも
非常にさみしいのかなぁという思いもあります。

この記事を見られた参加者の皆様、および参加予定の皆様。
お手数ですがご意見をコメント欄にいただけますでしょうか?

よろしくお願いいたします。
[ 2006/10/25 12:00 ] MIA通信 | TB(0) | CM(4)

F1馬鹿脳炎 末期症状 

F1馬鹿脳炎とは、、、、
MIAの活動に参加した人、およびMIAのサイトを見た人に発症する病気です。
道を歩くときに、前を行く人のスリップストリームを使ってみたり
高速道路の料金所で上手く前走車を出し抜くことに喜びを感じたりすると
初期症状が発症しています。

末期症状になると、実車のF1レースが終わった後にこんな写メール
送ってきたりします。



一度発症すると手遅れです。
このサイトをご覧になるときはくれぐれもお気をつけください。
[ 2006/10/24 17:30 ] MIA通信 | TB(0) | CM(0)

最終戦 ブラジルGP 

ドライバーズタイトル、コンストラクターズタイトルがかかった
最終戦ブラジルGP。

アロンソの圧倒的優位で迎えたインテルラゴスですが、
FP3まではフェラーリの独壇場でしたね。

[ 2006/10/23 11:15 ] FORMULA 1 | TB(0) | CM(0)

ないものは作れ 

各所でミニッツF-1用パーツの欠品状態が続いているようですね~。
京商さんの出荷調整なのか、それとも売る気ないのかよくわかりませんが、
ユーザーとしては困った事態です。

中でもずーっと困ってたのがタイヤラベルの欠品。
今季限りでF-1撤退のミシュランのラベルはたっぷり売ってるんですが、
来季からワンメイクとなるブリヂストンがもう3ヶ月以上欠品状態。

もうこれは「ないものは作れ」のMIAに対する京商さんからの挑戦状と
受け取り研究を重ねた結果、ついに満足の行く成果が!



[ 2006/10/22 00:00 ] MIA通信 | TB(0) | CM(4)

私にはまだ知らない世界がある 

このブログに移行後、アクセス解析も設定しています。
アクセスしてきた国や県まで解析してくれてなかなか面白いです。

1ヶ月ごとにアクセスのあった国とかをネタとして紹介しようかと思ってますが、
今日の国別アクセスをみてちょっとビックリ。

[ 2006/10/18 12:00 ] MIA通信 | TB(0) | CM(3)

今さらの鈴鹿レポ(笑) 

さて、本家FIAはすっかりブラジルGPモードですが、
せっかく撮って来たネタ写真ですから鈴鹿レポを再開したいと思います(笑)



[ 2006/10/18 08:00 ] FORMULA 1 | TB(0) | CM(5)

11/12 MINI-Z CAP 開催告知 



MINI-Z CAP(ミニッツキャップ)

日時
11月12日(日) 午前9時~ (受付は午前10時より)

会場
愛知県安城市篠目町古林畔26 作野公民館 大会議室兼体育室

開催クラス
(1)F-1クラス
(2)SUPER-GTクラス

エキジビジョン
 ドリフトタイム

[ 2006/10/16 12:00 ] MIA通信 | TB(0) | CM(0)

BMW SAUBER アップデート 

本家FIAは週末に最終戦ブラジルGPを迎えますが、
パクリのMIAではまだまだ車両をアップデートするチームも。

シーズン中盤に投入したホーンウイングに続いて、
今年流行中のクラッシュウイングも投入したBMWです。


[ 2006/10/15 20:00 ] 2006 TEAM | TB(0) | CM(0)

11月12日 MINI-Z CAP開催決定! 

NOMUさんのご協力をいただき、安城作野公民館をおさえることができました。
(NOMUさんありがとうございました)

というわけで、以前の不定期更新MIA通信の記事でも妄想していた通り、
MINI-Z CAP(仮)としてイベントを開催いたします。

開催クラスは大まかにF-1クラスとレーサークラスで、どちらかにエントリーした人のみ
ドリフトタイムの参加が認められます。

募集告知およびレギュレーション等は週末にアップする予定です。
皆様のご参加をお待ちしております。
[ 2006/10/13 12:00 ] MIA通信 | TB(0) | CM(0)

アロンソを怒らせてはいけない 

アロンソ、MSを牽制

タイトル決定戦となるインテルラゴスを前に、フェルナルド・アロンソがミハエル・シューマッハを牽制するような発言をAbendzeitungに対して行っている。
「彼は過去に2度も汚いことをしてきた。彼がしてくることはすべてお見通しだよ。」

(http://www.f1gpnews.com/)

アロンソも警戒してますね~。

度々のルノーバッシングで彼の怒りも爆発寸前でしょうから、
今度怒らせると↓みたいになっちゃいますので要注意。


[ 2006/10/13 07:00 ] FORMULA 1 | TB(0) | CM(0)

さすがに今回は 

ルノー、「クリーンな戦い期待」と牽制

2006年シーズンのチャンピオンシップもいよいよ大団円を迎えるが、あと1戦を残して圧倒的優位に立ったルノー・チームでは、「クリーンな戦いを期待する」と、ライバル陣営を牽制している。
これはルノーF1エンジンの責任者であるデニス・シェブリエ/エンジン・オペレーション・マネージャーが語ったもの。
「私はこれまでミハエル・シューマッハの16年間のすべてを見てきた。
今年のチャンピオンシップの決着はドライバーズ、コンストラクターズのいずれもが最終戦の結果に委ねられているが、彼が今回、アデレードやヘレスで過去に行ったような『軽率な振る舞い』は決してしないものと期待しているよ」

1994年、1点差のランキング1位で迎えた最終戦オーストラリアGP。
シューマッハはタイトルを争っていたデイモン・ヒルと激しいデッドヒートを繰り広げたが両者はバトルの末衝突、2人共にリタイヤしたもののチャンピオンはシューマッハのものになった。

1997年、再び1点差のランキング1位で迎えた最終戦ヨーロッパGP。
今度はジャック・ビルニューブとの間でタイトルを争っていた二人はやはり衝突。
この時はシューマッハの故意とみなされ、FIAからこの年のランキングが抹消されるという厳しい処分を受けている。

今シーズン状況が異なるが、仮にシューマッハが首位走行であるとした場合、マッサがアロンソとの間にアクシデントを起こしてリタイヤに追い込めば、タイトルが逆転シューマッハのものになる計算が立たない訳ではない。


こういったコメントが出ること自体、F1GPとして『恥ずかしいこと』
だと思うんですが、多くのファンは同じように考えてるでしょうね。

そもそも、『ぶつけてでもチャンピオン』という技を繰り出したのは
アイルトン・セナだと思ってます。(私のアンチセナの原点)
その流れを受け継ぎ、さらに悪化させたのがミハエル・シューマッハかと。
[ 2006/10/12 12:00 ] FORMULA 1 | TB(0) | CM(0)

たまには身内ネタ 

ちょっと日本グランプリ観戦記に疲れてきたので、一服入れて身内の話題を。

毎年恒例、来季は誰がどのチームに乗るのか(作るのか)
ストーブリーグがさらに加熱する時期。
2007年はトップドライバーが大移動ということで、MIAの製作担当も
大幅な移動が見込まれます。

[ 2006/10/11 17:30 ] MIA通信 | TB(0) | CM(0)

ピットウォーク⑥ 

最後はF1チーム関連以外で目に留まったものをご紹介。

まずはガレージ内から出てきたセーフティカー



[ 2006/10/11 00:00 ] FORMULA 1 | TB(0) | CM(2)

ピットウォーク⑤ 

せっかくピットレーンに来たんですから、レース中にすべての情報のコントロールを行う
各チームのプラットホームも眺めていきます。

折り返しながらですので今度はトップチーム、ルノーから。


[ 2006/10/10 23:00 ] FORMULA 1 | TB(0) | CM(0)

ピットウォーク④ 

さていよいよ上位4チームのガレージへ。

まずはこちらも地元のトヨタから。



[ 2006/10/10 22:00 ] FORMULA 1 | TB(0) | CM(0)

ピットウォーク③ 

さて中堅どころのチームガレージの様子。

中堅どころといってもBMWやホンダ、トヨタなどのお金のあるメーカーチームですから、
ピット設備は金掛かってます。



[ 2006/10/10 08:00 ] FORMULA 1 | TB(0) | CM(0)

不人気の証? 

NiftyのF1ニュースで「トヨタ日本GP決勝レースニュース」がアップされていますが、
この記事を書いている10/09 22:00現在でトラックバックが0件。



ホンダの決勝レースニュースに5件、SAF1にも9件のTBがついているのに、、、、。

これも鈴鹿を奪い取った感のあるトヨタの不人気の証??

[ 2006/10/09 22:00 ] Web Master's Text | TB(0) | CM(2)

ピットウォーク② 

サードセッションも残すところ30分弱という状況でようやくピットレーンに入れました。

順路はピット入口→出口とう流れで折り返してくるというもの。

最初にご対面はセーフティカーです。



ピット到着時点ではガレージ奥に並んでましたが、セッション終了前にガレージから出てきました。
とりあえず遠目にみながら下位チームのガレージから眺めていきます。

[ 2006/10/09 21:00 ] FORMULA 1 | TB(0) | CM(0)

ピットウォーク① 

木曜のピットウォーク3RDセッション参加の権利を獲得したため、朝7時に小牧でヒラサードと合流。

小牧→東名阪四日市IC→R23というルートを選択したんですが、これが失敗。
朝の通勤時ラッシュに当たって、四日市ICからR23の乗るまでにかなりのタイムロス。
鈴鹿サーキット遊園地ゲート前に到着したのが9時過ぎでした。

最初にピットウォーク当選葉書に記載されていた駐車場へ向かったんですが、
すでに遊園地ゲート前から行列。

(指定の駐車場の場所)

30分以上行列に並んで駐車場まで来たその時に悲劇は起こりました。

「ここ満車だから臨時駐車場に行ってね」

まじか!
満車って、見た目に空いてる駐車場もあるのにそこは今日は許されないんですかそうですか。
よくよく見てれば、前に並んでた車が確かに折り返してたな。
じゃあもっと手前から臨時駐車場に振り分けてよ、、、orz

サードセッションの受付まで時間もないことだし、折り返した遊園地ゲート前で自分が下車し先に受付、
ヒラサードが駐車場に止めに行って後から合流する作戦をとりました。

が、ここでも悲劇が!

「同伴者のいる場合は一緒でないと受付できません」

・・・・・・・・orz
よく見りゃ当選葉書に書いてあったよママン。

スムーズにいける見積もりで携帯すら車に置いたままで
お互いに連絡の取れぬままヒラサードを待つことに。

しかし1時間経過しても現れないヒラサード。

ようやく現れたその顔にはかなりの疲労感が漂っていました。
話を聞くと行く先行く先の臨時駐車場で満車だからあっちにいけとたらいまわしにされ、
最後にたどり着いたのが下の場所。


ちなみに帰りに遊園地ゲートからタクシーに乗ったんですが、950円もかかりました。

そんなこんなでサードセッション開始から15分を経過した時点でようやくサーキットへ入れました。



木曜でしかも雨なのに結構な人がいましたよ。
おまけに地元小学生の遠足も重なってました。

そんななか、ポンチョに長靴で憔悴した30代男2人がメインスタンドへ急ぎます。
[ 2006/10/09 20:00 ] FORMULA 1 | TB(0) | CM(4)

鈴鹿の風邪 

区切りの鈴鹿、日本GPに行ってまいりました。

木曜日のピットウォークから日曜の決勝までの4日間、すべて日帰り工程でさすがに疲れました、、、、orz

特に木曜のピットウォークでは「駐車場たらいまわし事件」のおかげで、
一緒にいったヒラサードともども「鈴鹿の風邪」をひく始末。
(連休でよかったよ、、)

写真もいろいろ撮ってきましたので、ぼちぼちあげながら「レース結果以外」観戦記をアップしていきますね。


(決勝日 シケインスタンドにて撮影)
[ 2006/10/09 00:00 ] MIA通信 | TB(0) | CM(0)

もう1度、鈴鹿で泣きたい(笑) 

ホンダ 日本GP事前ニュース

ホンダにとって、まさにホームグランプリとなる鈴鹿。
中国GP終了時点でのコンストラクターズポイントは、3位マクラーレンに28点のビハインド。
現実的には残り2戦ではちょっと厳しい差ですが、チームとしてはもちろん
「打倒マクラーレン」が残り2戦のモチベーションになっているでしょう。

そんな中での中本STDのコメント。

[ 2006/10/04 07:00 ] MIA通信 | TB(0) | CM(0)

ホンダイベントスケジュール 

ホンダのサイト日本GP中のイベントスケジュールが公開されています。

決勝前夜祭やるんですね~。T-スクエアがまた演奏するんか。
数年前にも前夜祭でT-スクエアの演奏を聞いた覚えがあります。



去年は雨、一昨年は台風と土曜のセッション終了後はスパッとサーキットを脱出していましたが、
今年は区切りの(最後とは絶対言わない 笑)鈴鹿ですからブラブラしてこようかな?

[ 2006/10/03 20:00 ] FORMULA 1 | TB(0) | CM(2)

東洋人はみな忍者 

ハイドフェルド、“人違い”で謝罪

中国GP決勝レースの終盤、物議をかもしたアクシデントに怒りが収まらなかったニック・ハイドフェルドは、マシンから降りると即座に“あるドライバー”に文句を言いに行った。

ハイドフェルドはBMWザウバーのマシンを4位でフィニッシュさせようと走っていたのだが、周回遅れのクリスチャン・アルバース(スパイカーMF1)と佐藤琢磨(SUPER AGURI)に引っかかってしまう。

最終的に、ジェンソン・バトンとルーベンス・バリチェロのHonda Racing F1勢、マクラーレンのペドロ・デ・ラ・ロサらにかわされ、7位でチェッカーを受けたのだった。

レース後、スチュワードが調査を行い、アルバースに25秒のタイム加算、琢磨にはリザルトはく奪という裁定を下している。その決定に拍手を送ったハイドフェルドは、コントロールラインを通過し、マシンから降りるや否やSUPER AGURIのマシンに近づいて声をかけたのだった。

しかし、そのSUPER AGURIのドライバーは、山本左近だった・・・。

伝えられるところによると、ハイドフェルドは“何やってんだ!”と左近に非難の言葉を浴びせたとのこと。一方、驚いた左近は、琢磨を探して話すよう興奮していたハイドフェルドに話しかけたようだ。

29歳のハイドフェルドは人違いだったことを知り、左近に謝ったようだが、琢磨に自分の気持ちを伝えてくれるよう、左近に依頼したという。

f1.racing-live.com


わらた。

まあハイドフェルドからすれば、「東洋人はみな忍者」ってくらいの認識だったんでしょう。
しかし、琢磨と左近って全然似てないような、、、。

虎之介と間違えるなら理解できるけどね(笑)



さてどっちがどっちかわからない人はいますか~?
[ 2006/10/03 08:58 ] FORMULA 1 | TB(0) | CM(2)

フジTV 日本GP布陣 

フジTVのサイトに日本GPの実況&解説が載ってますね。

私は現地で観戦&帰宅後にスカパー録画で復習の予定です。
実況はポエマー塩原アナ(頼むからスタートの瞬間は静かにして)、解説は
片山右京氏&森脇基恭氏とトヨタ・ホンダをバランスよく配置(笑)
でもこれ、地上波の布陣かな?とりあず、
「ビルヌーヴ」なんていないドライバーの名前を平気で言うアナウンサーだけは勘弁ですよ。 > フジTVさん

最悪のシナリオは

CS実況:長谷川豊
CS解説:土屋圭市熊倉重春
現地解説:今宮

ところで、20周年ナビゲーター・解説:近藤真彦って
一体なんだ(笑)

頼むからシンプルに放送してくれ。
[ 2006/10/02 20:00 ] FORMULA 1 | TB(0) | CM(0)

2006シーズン 全車コンプリート 





土曜に大きいミニッツに乗ってやってきたタテチン製作のウイリアムズを撮影。
ラジコンランドさんに飾っておいてくれたノダテイロ君の2シーターカーも合わせて撮影し、
2006年車両全車コンプ+スペシャル車両が完成しました。

各チームの車両はトップの右サイドバーから詳細画像にジャンプしますので、
MIA関係者のばかっぷりをご堪能ください(笑)
[ 2006/10/02 12:00 ] MIA通信 | TB(0) | CM(2)

琢磨失格 

琢磨失格、アルバースにペナルティ



レース後、最終ラップのアクシデントについてスチュワードはビデオ検証や各ドライバーなどからのヒアリングをして、佐藤琢磨を中国GPの結果から除外、そしてアルバースを決勝タイムに25秒加算するというペナルティを課している。
なお、バリチェロとハイドフェルドの接触についてはレーシング・アクシデントとして処理をしている。
琢磨は次戦出場停止処分にならなかっただけでも御の字か?


エエエェェェェェ(´д`)ェェェェェエエエ

まあ確かに、琢磨のあのヘアピンの動きは唐突でしたが。
TV観戦しながら、「琢磨(ホンダに)ナイスアシストだなぁ」と思っちゃいました。

当事者のハイドフェルドのコメントによると結構邪魔されてたみたいですが、
しかしアルバースの+25秒ペナに対して、琢磨が失格とは重過ぎる処分ですね。

ひょっとして、これも反日活動の一環なのか?

[ 2006/10/01 23:00 ] FORMULA 1 | TB(0) | CM(0)