FC2ブログ











東洋人はみな忍者 

ハイドフェルド、“人違い”で謝罪

中国GP決勝レースの終盤、物議をかもしたアクシデントに怒りが収まらなかったニック・ハイドフェルドは、マシンから降りると即座に“あるドライバー”に文句を言いに行った。

ハイドフェルドはBMWザウバーのマシンを4位でフィニッシュさせようと走っていたのだが、周回遅れのクリスチャン・アルバース(スパイカーMF1)と佐藤琢磨(SUPER AGURI)に引っかかってしまう。

最終的に、ジェンソン・バトンとルーベンス・バリチェロのHonda Racing F1勢、マクラーレンのペドロ・デ・ラ・ロサらにかわされ、7位でチェッカーを受けたのだった。

レース後、スチュワードが調査を行い、アルバースに25秒のタイム加算、琢磨にはリザルトはく奪という裁定を下している。その決定に拍手を送ったハイドフェルドは、コントロールラインを通過し、マシンから降りるや否やSUPER AGURIのマシンに近づいて声をかけたのだった。

しかし、そのSUPER AGURIのドライバーは、山本左近だった・・・。

伝えられるところによると、ハイドフェルドは“何やってんだ!”と左近に非難の言葉を浴びせたとのこと。一方、驚いた左近は、琢磨を探して話すよう興奮していたハイドフェルドに話しかけたようだ。

29歳のハイドフェルドは人違いだったことを知り、左近に謝ったようだが、琢磨に自分の気持ちを伝えてくれるよう、左近に依頼したという。

f1.racing-live.com


わらた。

まあハイドフェルドからすれば、「東洋人はみな忍者」ってくらいの認識だったんでしょう。
しかし、琢磨と左近って全然似てないような、、、。

虎之介と間違えるなら理解できるけどね(笑)



さてどっちがどっちかわからない人はいますか~?
[ 2006/10/03 08:58 ] FORMULA 1 | TB(0) | CM(2)

怒涛の更新に鈴鹿へ向けての盛り上がりを感じます!モナコで「なにやってんだ!」と言われないように走ります(^^ゞ
[ 2006/10/03 11:07 ] [ 編集 ]

どもです

鈴鹿祭りに向けて、今はチョロQがネジ巻いてる状態です(笑)

・・・終わったら燃え尽きるかも。
[ 2006/10/03 13:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miaf1.blog67.fc2.com/tb.php/18-8fb955b4