FC2ブログ











ピットウォーク⑤ 

せっかくピットレーンに来たんですから、レース中にすべての情報のコントロールを行う
各チームのプラットホームも眺めていきます。

折り返しながらですので今度はトップチーム、ルノーから。




ルノーはすでに設営が終わっていて、雨よけのビニールシートが広げられていました。
中をまじまじ見たかったんですが残念。







続いてマクラーレン。モニターにしっかりチームロゴが入ってます。
メインモニター?のほかに上部にもサブモニターが2つセットで並んでいます。
一人当たりメイン1枚、サブ2枚って感じかな?
プラットホーム側面の外側にもサブモニターがついてました。



メインモニターの横にはカー№とドライバー名がプレスされた銘板が。
これ、ドライバーが交代になったりするとプレスし直しなんでしょうねぇ。



ちなみにマクラーレンはイスの支柱がカーボン調でした。床面もおしゃれです。








フェラーリは黒で統一された落ち着いたイメージのプラットホーム。
フェラーリとAMDのロゴが目立ちます。
フェラーリは主要なメンバーには画面4枚配置されてるようですね。
モニター下部にもいろいろボタンが配置されてるのが特徴的です。



こちらはまだ設置の途中なのか、プラットホーム側面に取り付けると思われるファンが置いてありました。
これだけコンピュータ設置してあればクーリングも一苦労ですね。






トヨタは赤色で統一。パッと見こっちがフェラーリな印象を受けますね。
トヨタも設置終了でビニールカバーがかけられていてあまり見えず。




ウイリアムズはガレージと同様に“質素”な感じ。
モニター数もメーカー系チームに比べると少ないです。







ホンダはクルーがセッティングの最中です。
大画面1+小画面2の割り当てで、非常に機能重視なデザインです。



それでも床面はLUCKY STRIKEカラーとおしゃれは足元からですか。






レッドブルはエナジーステーションそのままのデザインですな。
メインの画面の横にいろいろコントール系が配置されているようですが、
ゲームセンターの筐体みたいな印象です。







BMWもビニールカバーがかかっていたので横からチラ見。
同じ大きさのモニターが整然と並んでます。企業イメージどおりな印象です。






スパイカーMF1はまるで個性が感じられないデザイン。
もうこれ見るだけで、アレックス・シュナイダーがいかにF1やる気なかったかがわかります。
こちらは床面内部の配線中でした。








当たり前といえば当たり前ですが、トロロッソはレッドブルと同じデザインのメインモニター&コントロール。
サブモニターの配置がちょっと違うかな?
下位チームとはいえ、次に紹介するチームとは資金力に圧倒的な差を感じます。






そうです。資金のなさ№1をウイリアムズと競うSAF1です。
もう見てて悲しい現実がひしひしと伝わってきます。
マイルドセブンとかAUのブースのほうがよっぽど豪華ですよ、、、orz

この状況で前のチームを食おうという心意気が日本のファンを熱くさせるんでしょうね。

お次はF1チーム以外で目に留まったものを紹介します。



[ 2006/10/10 23:00 ] FORMULA 1 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miaf1.blog67.fc2.com/tb.php/27-e328312a