FC2ブログ











たまには身内ネタ 

ちょっと日本グランプリ観戦記に疲れてきたので、一服入れて身内の話題を。

毎年恒例、来季は誰がどのチームに乗るのか(作るのか)
ストーブリーグがさらに加熱する時期。
2007年はトップドライバーが大移動ということで、MIAの製作担当も
大幅な移動が見込まれます。

といっても、トヨタ=トゥネーリとレッドブル=ヒラサードは、
もはやMIA永久欠番状態。
特にヒラサードは来年のニューエイ・マシンに悶絶することを
心待ちにしている様子(笑)

今シーズン後半、実車のBMWザウバーと共に猛烈な勢いでお馬鹿度を
増してきたアオツァですが、来季もBMW安泰かと思っていましたが、
ここ数日の動きを見るとそれも怪しくなって来ました。
前回のMIA F1ミーティングの際に撮った写真で、ホンダとBMWが
たまたま並んでいたものがあったんですが、アオツァジュニアに見せて
ドッチがカッコいいか聞いたところ、即答でホンダを指したそうです(笑)

家族サービスの充実度が今後のミニッツ活動に直結するアオツァですから、
来季ホンダへ電撃移籍もありそうな予感。その場合はアオチェロ?アオン?

ライコネン→フェラーリ移籍に伴って、長年フィンランド人を担当してきた
タニコネンもいよいよ跳ね馬移籍か?
問題は鈴鹿のシューマッハエンジンブローで間髪いれずに
ガッツポーズするくらいのアンチフェラーリということ。
しかし、よくよく考えればシューマッハがいたからアンチフェラーリなんだろという
Suda氏の指摘もあり、徐々に赤いマシンに乗る気が高まってます。
なによりタニコネン後援会(会員1名)からの猛烈プッシュもありますしね。

完全にルノーを作り飽きたヒラケラ改めキヨンタニーですが、
来季はトヨタのテストドライバーだ♪とわけのわからないコメント。
もちろんトゥネーリがそんなオファーを出すはずもなく、
どこかのチームを作ることになるでしょう。
噂どおりデビットソンがSAF1に行った場合、デビットキョンとして
SA07製作に掛かる可能性が高いです。

MIAの屋台骨を支えるノダテイロですが、トゥネーリとのエンジン供給つながりで
ウイリアムズへ行くかと思われていましたが、鈴鹿で見たスパイカーに一目惚れ?
来季もスパイカーMF1に残留の線が濃くなってきました。

そしてウイリアムズといえば、タテベルグ&ハラーバー。
この二人は多分ドライバー萌えではなさそうなので、空きチームを狙って
しっかり開発してくるでしょう。
しかし、どこかで繋がってる二人ですから、いざ合同テストをしてみたら
二人で同じチーム、でもカー№被ってないってパターンを再現しそう。

他にも燃え尽き症候群だったあの人とか、作った車でも愛情注がないあの人とか
コンストラクターが色々増えてきた2005年でしたので、
来季のラインナップはまだまだ不透明です。

まあ、



結局新車発表まで流動的なんですけどね(笑)


やっぱり作って走って萌えるチームじゃないとね。
[ 2006/10/11 17:30 ] MIA通信 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miaf1.blog67.fc2.com/tb.php/29-74a5ef0c