FC2ブログ











レース走行距離から見た2006年シーズン 

Nifty F1 Newsに面白データが出てますね。

トロロッソはV10特例エンジンでしたので、この表から除外するとして、
実はマクラーレンの走行距離は実はミッドランドよりも少ないんですね。
ちょっと驚きです。

違う視点でみるとマクラーレンのテスト走行距離は全チーム中3位。
いかにテストで無駄遣いしたかを表す数字といえます。
メーカー系チームで、テストをやっても効果が見られないというのは
エンジニアリングの根本に大きな問題があると言えます。

テスト走行距離と成績の関係を見ればホンダも???ですが、
こちらは獲得ポイント比較で前半9戦で29ポイントに対し後半9戦で57点と
ほぼ倍増しましたから、それなりにテストの効果はあったといえます。
(ちなみにマクラーレンは前半9戦で65点、後半9戦で45点)

来季カー№1を手土産にマクラーレンに移籍するアロンソは
マクラーレンを信じている」みたいなコメントをしていますが、
マクラーレンはその信頼に答えることができるのか。いや無理か(笑)
[ 2006/10/27 17:30 ] FORMULA 1 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miaf1.blog67.fc2.com/tb.php/42-1ea996d2