FC2ブログ











BMW 新車ラウンチ 

さて、新車ラウンチ前半戦の〆となるBMWの発表です。



こちらは2006年モデルをベースラインに、昨シーズンのトレンドを盛り込んだモディファイを各所に施してますね。

もろにダミーっぽいフロントウイングは置いといて、ラジエータインテークがやけにでかいですね~。
V8レギュレーションによって熱量が減少→インテーク開口部縮小→ドラッグ低減がはやりだと思ってたんですが。
クラッシュウイングから始まって、チムニーフィン、リアウイングへどうやって空気を流したいかよく分かるカットです。



BMWもホンダ風のクラッシュウイングを装備するようになりました。
もっともルノーやフェラーリが導入したようなサイズが小型のものですね。
この整流フィンを装備してないのは2007年車ではいまのところマクラーレンだけです。



チムニー~ウイングレットの一体化も進んでます。
F1.06ではダンシングフラワーのようだったウイングレットが、チムニー後端から生えてますね。これステーいるんかいな(笑)



F1.06では下膨れっぽかったノーズですが、07では厚みの薄い細身のノーズになりました。
F2001っぽいかな?
BMWもストローク→キャンバーの起きるミシュランジオメトリーのサスアーム。
モノコック下部に直接ロアアームを取り付けるゼロキールスタイルを維持です。
インダクションポットの“マモノウイング”はなくなっちゃったのか。
これが生えそうなのは後はレッドブルかな(笑)



各部位が洗練され、BMWの堅実な開発プランが伺えます。
でもいつまで『SAUBER』がつくんでしょうね?
[ 2007/01/16 21:30 ] FORMULA 1 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miaf1.blog67.fc2.com/tb.php/75-0d3c18c5